大脳生理学的な見地から言ってしまえば 恋はただの幻覚

■きのうのはなし
彼女と同棲をはじめた男性がいて、
私が
「(掃除とか、料理とか、洗濯とかしてもらっちゃってるんですか~?という気持で)
 どんなことしてもらっているんですか?」
って聞いたら
もう まわりが
「セックスだろ!」って なって
超面白かった。
セックスって単語つかう機会を常にうかがってる…!

酒の席で荒川ちゃんの顔を見ると
荒川ちゃんの恋愛にダメだしをして
荒川ちゃんをこきおろすのが
ここ数年の流れなんですが、
ろくすっぽあってない上に
さして親しくもない私なんかに
こき下ろされる前提で
赤裸々に自分の恋愛を語れる
荒川ちゃんは只者じゃねーな。
その愚直なまでの素直さが
なんのかんの皆に愛される秘訣なのかしら。


今日の一言
「男性は女性と違って、感情(特に「恐れ」「悲しみ」)が読み取れません。」
え ほんと?

あー でも
私が特に理由のない孤独感にさいなまれて
「さみしい」と言うと
「それは彼氏が欲しいって意味なの?」と男性には言われたことがあったな。

問題なのは
今大事な人間がいても、ほんの些細な出来事で
自分はそいつをどうでもよく感じたり、
相手も自分をそう思う可能性があったり、
そういう感情の儚さとか、
そうわかっていながら
気に入られたい よく見られたい 何かしてあげたい
と思って己の心の中に嵐を呼ぶことが
ひどく無益なことに思えて 疲れてしまって
何をしようにも「何にもならないのに…」という気持が
先にたってしまう
孤独感というか 虚無感 と 
それにひどくこだわって
悲しんでしまう(度を越えて悲しみすぎてしまう)こと
だから
恋人がいればなんとかなるってことじゃないんだよね。
恋人ができようとも
「それは一時のことで、気持は儚く移ろうのだろう」と
現在の幸福よりも、いつか来る悲しみを見つめてしまう。

じぶんが いま 1人でいるのがつらいのではなくて
生まれてから死ぬまで 人間は ずっと
関わりながら 交わりながらも それでいて
ずっと1人きりなのだ ということが 
ひどくさみしく感じられて仕方がなかった。
[PR]
by G-ran | 2012-01-08 23:20 | 雑記


<< 君と夏の終わり 将来の夢 大き... 体のパーツがバラバラに微睡む >>