バカバカしいあの頃を 忘れたくはない 戻りたいわけじゃないけど 忘れたくはない

!!CAUTION!!
この記事には、コスプレ写真が含まれます。
2014年05月03日に魔術士オーフェンの
キリランシェロ(楽蘭)&大人ハーティア(裄群)&プレ編ハーティア(葉月さん)で
コスプレを行った際の写真です。
※5/15 写真追加 更新完了です。

心の準備ができた方は以下からどうぞ




-----------------
◆取材されるハーティア◆

f0088796_22125689.jpg◆◇◆◇◆◇◆◇
こんにちは!ラシィです!今日は、上司が取材されるようです。
かなりマイナスイメージが独り歩きしている感があるので、
この取材で少しでも世間様からイメージアップすれば
色々と楽になると思います!

ってこっちがこんなに気をもんでるっていうのに
上司は何だかだらだらしてます…。
◆◇◆◇◆◇◆◇

「今日日差し強いね…うう 撮影めんどうくさいなぁ…。
 おや、メイクさん、美人だね。君みたいな美人と知りえるなんて、ついてるな。
 ねぇ今晩どう?
 君の細い指がワイングラスを傾けているところって、セクシーだろうな。
 是非僕に見せてくれない?」
f0088796_041141.jpg
f0088796_2228452.jpg
f0088796_045329.jpg
f0088796_051938.jpg
「こうなったら、さっさと終わらせよう」
◆◇◆◇◆◇◆◇
準備OKみたいです
f0088796_22295950.jpg「魚料理がうまい店と、チーズのうまい店どっちがいいかな…」

f0088796_22323678.jpg<特集!気になる噂の人 第22回>
今回は、大陸魔術士同盟のトトカンタ支部長、ハーティア・アーレンフォードさんにインタビューです!

こんにちは。
イケメン過ぎる大陸魔術士同盟
トトカンタ支部長のハーティアです。
自分で言っちゃった(笑


f0088796_22391042.jpgQ:好みの女の子って、やっぱり魔術士?

魔術士か否かによらず、笑顔のかわいい子が好きかな。
でも淋しげな横顔も魅力的だし…迷っちゃうな。
f0088796_1150289.jpg◆◇◆◇◆◇◆◇
上司はたぶん、ずーっと黙ってたらフラれないで済むのになぁと
思います。
◆◇◆◇◆◇◆◇
f0088796_12153536.jpgf0088796_12162784.jpg
f0088796_014237.jpgf0088796_0144741.jpg
Q:ハーティアさんはなんと、≪牙の塔≫出身!
  ≪牙の塔≫での生活はどうでしたか?
f0088796_12201917.jpgf0088796_1024748.jpg
f0088796_10244379.jpg
そうだね、一言でいうと、「生き残れてよかった」だね。

(9割もの生徒が命を落とすそうですね)

牙の塔が、というよりは魔術の訓練には
事故がつきものだからね。
魔術の制御が安定してくれば、
普通の学校生活みたいなものだよ。
僕も友達とつるんで夜寮を抜け出したり、
好きな子の気を引こうと頑張ったり、
怪我は絶えなかったけど、青春してたよ。


f0088796_1235650.jpgQ:よく野心家と囁かれてますけど、ホント?
ご想像にお任せするけど、
でも僕の力がどこまで通用するのか、興味がないと言ったら嘘になるね。

f0088796_1284110.jpgまぁ単なる目立ちたがり屋なのさ
f0088796_1214148.jpgQ:寝るときのポーズは?仰向け派?横向き?
え!?寝るときのポーズ?面白いことを聞くね
横向きかなー
f0088796_0183978.jpg(ハーティアさん足長いですね…!)
それほどでもないさ
f0088796_0194413.jpgこんなかんじ
f0088796_07336.jpgQ:見下してくださいっ!!
作品ちがくない!? いいけど!
僕にメロメロになって石化するんじゃないぞ♡

(ハーティアさんはジャンプ読んでるみたいですね!)
f0088796_1333069.jpgf0088796_134661.jpg
f0088796_12561481.jpg◆◇◆◇◆◇◆◇
あ、撮影が終わったみたいですね
◆◇◆◇◆◇◆◇
「ふー、特に運動したわけでもないけど、
 なんかちょっと疲れるね
 風が気持ちいいー」
f0088796_11554336.jpg「さぁ、撮影も終わったし、飲みに行こう!」

f0088796_120526.jpg
f0088796_12283173.jpg
f0088796_1032188.jpg結構親しみやすい人かも!?
ハーティア・アーレンフォードさん
ありがとうございました!
「どういたしまして」

------------------
ハーティア はぁはぁ はぁはぁ!!

次キリランシェロ
材料買って裄群さんに渡したら
当日この衣装になって返ってきた私の感動といったら!

ローブの生地:アセテートサテン  光沢感と張りの感じが個人的にすごく丁度よかった!
ボタン:UVレジン用ボタンフレーム 元は違う色だったので、マニュキアの茶とオレンジを塗って変えた
紋章:紙粘土  裄群さん手作り。すごく器用…!素晴らしい出来栄えです。紙粘土にマニュキアの銀塗装
--------------------
f0088796_14295572.jpg
f0088796_14583512.jpg「アザリー、写真機借りてきたの!?」
「あったり前でしょ!
 キリランシェロが上級魔術士になって
 ローブ着るようになったんだから
 記念写真とらなくっちゃ!」
f0088796_23293723.jpg「へぇ、これが写真機かぁ」
f0088796_17173169.jpg「アザリー!最近
 重力制御ができるようになってきたんだ!
 浮いてるとこ撮ってよ!」
「…撮ったけど…どうにも不恰好なのよねぇ~」
f0088796_15125611.jpg「ほらほら笑って!
 ねぇちょっとピントってどうやって合わせるの?」
f0088796_14353659.jpg「それは違う!!やりなおし!」
f0088796_15144886.jpg




f0088796_14401450.jpgマヨール「母さん、これ誰?」
ティッシ「あんたのおじさんよ」
マヨール「行方不明になったっていう?」
ティッシ「そ、この子が上級魔術士になった時、
      アザリーったら、はしゃいで どっかから写真機を借りてきたのよ。
      脅したり実力行使したのかもしれないけど…
      引き出しにね、大事にしまってあったの、この写真」
マヨール(そして今は母さんが大事にしまってるのか…)

-----------------
◆あなたの探しているハーティアは…◆
f0088796_16361927.jpgキリランシェロとハーティアが道を歩いていると、
突然ハーティアは湖に落ちてしまいました。
そして現れたのは、
今より少し大人になったハーティアと、
キリランシェロのよく知るハーティアだったのでした…!
f0088796_16373692.jpg「「な、キリランシェロ、僕が本物だろ?」」
声もピッタリはもっています。
f0088796_16495781.jpgf0088796_1640018.jpg
「「間違ったら…ぶっとばすからな」」
本気のようです…。
f0088796_1653422.jpg「そんなの簡単さ、バカっぽい方がハーティアに間違いない!!!」
「イェー――イ!!!!!」
f0088796_16543253.jpg「「ほらほら、このノリの良さ、僕が本物だろ!」」
どこまでもはもってます。

「わかったぞ!この馬鹿さ具合…!
 …答えは、
 両方とも本物のハーティアだ!!」
f0088796_170816.jpg「正解♪ よくわかったな」
f0088796_1743919.jpgそうしてキリランシェロは、ハーティアを二体に増やすことに成功しました。
「やったー!…って
 これ、もしかして僕が巻き込まれる回数が
 倍になるってことなんじゃないの…?」
たぶんそうです。
f0088796_179192.jpg「何言ってんだよ!親友じゃないか!?
 僕が二人になったら二倍楽しいに決まってる!」
「…はいはい、まぁ、増えちゃったもんはしょうがないよね」
f0088796_17115066.jpg二人のハーティアは、仲よく過ごしたそうです。
f0088796_10144320.jpgf0088796_10145536.jpg

f0088796_10221683.jpgおしまい。

-----------------
◆ケンカするほど仲がいい◆
f0088796_22595117.jpg「キリランシェロ、聞いてくれよ、ゼプテナとうまく行きそう」
「ホント!?良かったね」
(いつもそう言ってすぐ破局してるけど…今回はどうかなー)
f0088796_2341261.jpg「僕はダメっぽい…
 なんでだろ、なんかさ、
 メイレーンに話しかけたら急に冷たくなっちゃって…
 僕なんかしたかなぁ…」
「僕もこっそり
 お前の事応援しようと思って、
 色々と骨折ったのになぁ」
f0088796_237190.jpg「それが原因なんじゃないの!?
 いっつも言ってるだろ!
 余計なことするなよ!」
「お前のためだと思ったんだよ!」
「ハーティアさ、ごめんの一言がどうして言えないわけ!?
 いっつもいっつもいっつもいっつも!!
 なんか腹たってきた!」
f0088796_23115075.jpg「えいっ」
「ぐぉっ!?」
f0088796_2314872.jpg「やったなー!?」
f0088796_23152422.jpg「くらえっ!」
f0088796_2317444.jpg「うわっ!」
f0088796_2324275.jpg「…ごめん、やつあたりだった」
「僕も、次はもっとうまくサポートするよ」
「いや、サポートはいらないから」
f0088796_2332209.jpg「ハーティア仲直りの印に、
 あれやらない?」
「いいね」
f0088796_2334517.jpg「フュージョン!!」
f0088796_23364538.jpg「僕 時々思ってたんだけど、
 キリランシェロもなかなかのバカだよな」
「ハーティアには負けるよ」



-----------------
◆ハーティアがラブレターを渡すようです◆
f0088796_10392376.jpg「キュマイニーにラブレター書いたんだ。
 今度はちゃんと全部自分で書いたよ、もちろん!
 ちょっと綴りがあってるか不安だけど…
 でも要はハートじゃない?
 キュマイニーになら、
 僕のこの情熱を読み取ってもらえると思うんだ。
 え?ゼプテナ?あの子にはちょっとガッカリだったよ。
 あの見た目で、蛍光灯デスマッチが好きだなんて詐欺だろ!?
 一緒に観戦に行くとこまでならまだ付き合えるけどさ、
 僕に選手を目指してほしいって、無茶言うんだ!
 そんな傷心の僕に、優しく「顔色悪いけど、医務室まで歩ける?」って
 キュマイニーは優しく…最後まで聞けよ!」
f0088796_10464713.jpg「で、だ。
 食堂でキュマイニーを見かけたから、
 僕はラブレターを渡すべく、
 今日校舎裏で
 待ち合わせしたいって、伝えておいた
 ちょっとびっくりしたような顔してたけど、
 恥ずかしがり屋なんだな、きっと
f0088796_10501022.jpgまだかな…
気がはやって2時間も前にきちゃったよ
f0088796_1105014.jpg「こうやって彼女を待つ時間も、
 恋する喜びを実感できるね」
f0088796_1132861.jpg-- 二時間経過 --
「おやっ…」
f0088796_1142154.jpg(来た来た! キュマイニーが来たぞ!)
f0088796_1172350.jpg「やぁ、キュマイニー!来てくれたんだね」
f0088796_1162999.jpgf0088796_1164079.jpg
「今日はちょっと、渡したいものがあって…」
f0088796_1195195.jpg「これっ読んでほしいんだっ!!!返事、まってるから!!!」



「えっ ねぇ なんでそんな 怒ったみたいな顔してるの?
 ゴリラみたい…  はにかんだ顔だったのかな?」
「私の双子の妹に最近ちょっかいかけてたのは、
 あんただったのね、ハーティア!」
「双子!?妹!?」
「私は、ドュマイニーよ!!
 双子だからって私たちを間違えて来る人って大っ嫌い!
 しかも、ナンパ男で有名なハーティアなんかに
 私の可愛いキュマイニーは渡せないんだから!!
 金輪際近づかないでちょうだい!じゃあねっ!」

f0088796_21531994.jpgf0088796_21571147.jpg
「手紙、7時間かけて書いたのに…
 双子だなんて聞いてないよ!!!
 双子なら双子らしく双子って顔にでも書いておけよ!!
 こういうのあれだよ、あれ、
 もう双子罪ってやつじゃない?
 聞いたことないだって?知るか!じゃあ作れよ今!」
f0088796_2211814.jpg「くっそー ふて寝してやる」
f0088796_2223799.jpg
f0088796_2225785.jpg
f0088796_223316.jpg
「キュマイニーが、もし来てくれていたら…」
f0088796_2253877.jpgf0088796_2273993.jpg
「キュマイニー、良く考えたら、手紙なんて僕にはまどろっこしい。
 君のその姿、可憐な瞳、美しい声、その姿を前にして僕は恋を歌うこと以外できないよ。」
f0088796_2282455.jpg「君こそ僕の光」
f0088796_229523.jpg「僕の全てを捧げると誓うよ。」
f0088796_22111120.jpgf0088796_22114562.jpg
「僕みたいな平凡な男が、君のような女神に出会えてどれだけ嬉しいかわかるかい?
 君を見つめたいのに、目が上手く開かないんだ。
 君がまぶしくて」
f0088796_22153022.jpg「キュマイニー、僕の光、僕の太陽、その眩さでこの心臓は燃えるようだ」
f0088796_22164131.jpg「キュマイニー、
 身の程を知らない、
 そんな憐れな男に、
 少しでも慈悲をくれるというのなら」
f0088796_22175251.jpg「お願いだ。
 どうか、この僕と付き合って欲しい」
「ハーティア、もちろん返事は、喜んで、よ!!!」
f0088796_22224335.jpg「…ってなるはずだったんだけどなぁ…」
f0088796_22252894.jpg「ドュマイニーを呼び出しちゃったとはなぁ…
 まぁ今でも見分けつかないし」
f0088796_22283941.jpg「…っていうかおんなじ顔だし
 あのままドュマイニーを口説いちゃえばよかったのかな?」








f0088796_22335197.jpg「おつかれさまでした!」
f0088796_10341952.jpg


-----------------
◆当日のスペースの様子◆
f0088796_14231220.jpg
f0088796_1423507.jpgお立ち寄りいただいた方、どうもありがとうございました!!!!





-----------おまけ--------------
◆カメラマンハーティア◆
f0088796_2340419.jpg
f0088796_2342050.jpg
f0088796_2341924.jpg

[PR]
by G-ran | 2014-05-15 23:08 | 雑記


<< ちょっと 振り向いて 見ただけ... 機械みたいにあんまり バカにし... >>