愛してるなんて言わなくていいから  上手に 上手に 騙して 永遠なんかを信じるイイ子じゃないの

1/12にツムジカゼに拍手をくださった方、どうもありがとうございました!
1/16にAKYに拍手をくださった方、どうもありがとうございました!

■きんきょう
もー本当にネームやらないと日数やばい!
やっとネーム切り終わった!
ブラックタイガー本は24P本!
…思ったより短くて自分でもびっくりしている。
はやめに終わらせてHARUの時には次の本のネーム終わらせてたい。
なんかpixivの閲覧数みると
オーフェン同人の市場がどんどん縮小してる感じがする…さみしい><

プリパラっていう女児向けアニメ見た。
かっかわいいっ!!!!!
可愛いキャラが色々お洋服きて可愛い!
変身×アイドルって熱いな~
思い起こせば クリーミーマミとか ようこそようこ とか フルムーンを探して
とかもそうかな?
プリパラ録画しようかな。

■どくしょ
久々に
福永武彦作品読んでます。
「幻影」っていう作品で
戦時下に、息苦しいような絶望的な恋愛をして、
男に召集令状が届いて、どうせ死に別れるなら
今ここで一緒に死のうと二人で毒薬を分け合うけれど
すんでのところで、
「生きて再会できる可能性はまだあるのだから、
 お互いにとうとうダメだとなったら毒を飲もう」と言って
男は戦争に行ってしまう。
女は男を待ち続け、戦争が終わる頃には結核を患ってしまっていた。
だが女の愛は変わることなく、療養所から男へと毎日手紙を書きつづける。
女の病状が進み、もはや死まで幾ばくも無くなったころ、
療養所に男が現れ…。
っていう話なんですけど、要は
「こ、こういう京関(京極堂シリーズ)が読みたいハァハァ」ってなりましたって話。
幻影から覚めて生に向かい、現実に生きてしまった男と、
死に向かい続けているがゆえに、幻影を慰めとして胸に温め続けている男の
一度交差したが最後、距離はひらいていく一方の、交わらない人生的な!
[PR]
by G-ran | 2015-01-25 23:30 | 雑記


<< そのとき心は何かを 話すだろう さぁ 吸いこんでくれ僕の寂しさ... >>