君はキレイだから 黙ってればなんも問題ない

■どくしょ
「未來のイヴ」読了。
いやーちょっとラストがあっさりだけどそれはそれで良いかな。
これが書きたかったんだろうな、っていう
クライマックスの一瞬は本当に素晴らしかったです。ほのかな薔薇の香り…
エワルドのジェットコースターな心理描写!
あかん!エワルド!それはお前の愛すべきイヴやない!イヴの顔したユダや!
ぼかぁ好きだよ、ゴールデン仁君ボッシュート展開。
アンドロイドの仕組みの説明が詳しく出てるんですけど、
そこは長くてやや飽きてしまった!
精巧で見た目には人間にしか見えないアンドロイドってだけでいいわ。
結局、話の構造としては、
エジソンとエワルドが出会い、アンドロイドのことを詳しくはなし、(全体の三分の二ぐらい)
アンドロイドをうまいこと作り、エワルドとアンドロイドはエジソンと別れ、領地へ帰る
って話で、
アンドロイドと生活をはじめて色々起きるわけではなかった。
[PR]
by G-ran | 2015-03-05 22:29 | 雑記


<< 動き出さなけりゃ 何も始まらない 地下室に エデンの園 >>