ノリも気持ちも全然軽く どうせ繋ぎと思ってるんでしょう

■とうけんらんぶ
太刀が2本になったので、ご機嫌が直りました。
パーティーが強くなって、先に進めるようになって嬉しい。
ハマってるか?と言われると、
まだ良く判んないままダラダラプレイしてるだけです。
情弱なので、困った時だけウィキ見てたんですけど
序盤のアドバイスみたいの
ちゃんと読んでからプレイし始めればよかったのかな、って思った。

このゲームから同人誌描く人たちって
想像力がたくましいんだな~すごいな~と思いました。
お話とかの土台がゲーム自体にはほとんどない。
見た目と口調とほんの少しの来歴しかない。
歴史好きな人なら調べて広がるのかもしれないね。

昔のラノベの
「封仙娘々追宝録シリーズ」思い出したりした。
仙界で事故が起きて、欠陥宝貝が人間界にばらまかれてしまい
その原因となった新米仙人が仙術を封じて回収のため人間界にいって、
宝貝と戦ったりするお話。
主人公を手伝ってくれる宝貝に、
情にもろいという武器として致命的な欠陥のある殷雷刀がいるんですけど、
人間形態もとれたり、おなじ真鋼という宝貝の材料から作られた
3振の兄弟刀がいたりします。
作中で蓄積したダメージにより折れたり、打ち直しされたりしてた。
機織り機の宝貝が灯台の宝貝に恋しちゃったりとかね。
[PR]
by G-ran | 2015-05-07 15:18 | 雑記


<< DAN DAN 心魅かれてく ... 輝き魅せておくれ >>