夢の中にまで土足で上がりこんで 優しくキスしないで

■とうけんらんぶ
ゲーム中の、待たされる時間が苦手だなーって
思ってたんですが
コミスタのウィンドウも開いておいて、
作業しながらやりゃあいいのか、と気がついたら
イベントの刀剣手に入ったわ~。
え、なに もしかしてこのゲーム自体がそういうポジションなの?
作業しながらダラダラできるっていう…。
イベント、1階につきどのくらい時間かかってのか測ったら、
7,8分だった。これ…50階分となると…
400分か…。最初のほうの階はもう少し早く進めてるかもだけど。

■キー坊とハーティアの妄想
以下たたみます



■キー坊とハーティア
ハーティアお人形と遊んで幸せになっちゃうのか―
と自分の妄想にツッコミいれてたんですけど、
こないだエンサイクロペディアを見てて殺人人形の項目よんではっとなった。
そういや
殺人人形は、天人種族が、人間をベースに改造して作った兵器だった。
キー坊をもと人間って考えると
それはそれで新しいロマンがあるな。
数百年前に生を受けて、改造されて、眠りについて…
殺人のための存在になったのに、愛を享けている現在。
人間として生まれたのに、天人の手により
死から切り離されて、破損と停止が終端になってしまったんだな…。

ハーティアはキー坊と出会ってからの3日間を
1日目:泥酔して夢も現も妄想も混濁したまま、キリングドールをキリランシェロと混同して、
      好き好き言ったりセックスしたりする
2日目:二日酔いで頭痛に悩まされながら起床して、現実を認識。
     でもすっきりしちゃってたので
     「…まぁ楽しめばいいか」とキリングドールを道具としてカテゴライズ
     それなりに遊ぶのを楽しみに帰ってくる。
     いろいろはっちゃける
3日目:ハーティアの体の古傷をキリングドールが見つける。
     キリランシェロとの思い出に関わる傷だったため、
     キリングドールがキリランシェロの姿しか映していないこと、
     キリランシェロとは別のものであることを突きつけられたように感じ、
     改めてゾッとする。
     この3日というもの、自分は思い出とオナニーに耽っていただけだと気づき
     虚しくなり、自分を汚らしく感じ、
     「おまえはキリランシェロなんかじゃない…!」とか荒んでみたりする
という風に過ごす。     

キリングドールは、ハーティアが自分を透かして遠くを見ているとは知りながら、
それでも優しくされたと感じる部分もあり、その事実を喜んでいる。
キリングドールはアザリーに変化させられた直後、
まずアザリーに投げ技をかけられて(戦闘能力を確認された)、
受け身もとれず打ち付けられるやいなや、
「失敗作ね」という言葉を聞いた。
そこからアザリーはキリングドールに話しかけない。洋服も着せない。
だからキリングドールは、自分の名前はキリランシェロだ、という自覚はあるけど、
名前を呼ばれるのは、ハーティアがはじめて。初めて着た服はハーティアのワイシャツ。
[PR]
by G-ran | 2015-06-24 10:58 | 雑記


<< 君ならいい尚更いい 優しいフリ... 時が洗い流してくれるってありゃ... >>