ご褒美の時間まで待てない 悪い娘には罰がいるはずそうだろ?

■オーフェン妄想
ほんのりどうかしてるのでたたみます。
マジク×ラッツベインの妄想。



10歳のラッツベインと27歳のマジクが一緒にお風呂入ってる漫画読みたい…。
ラッツベインがマジク大好きなやつ。

ラッツベインがマジクにいたずらをするけど
マジクは大人なので 怒ることもできずされるがまま的なやつで
マジク「ラッツベイン、そこは、さわっちゃダメだって言ったよね…?」
ラッツベイン「わ~!」 
ちゅっ
マジク「キスして誤魔化さない。あともう10歳だからキスはやめようね?」

とか

ラッツベインが意を決して
お風呂で「師匠!わたし師匠が好きです!お嫁さんにしてください!」とかやって
マジク「なんでわざわざ風呂場で言うの…」
ラッツベイン「だってだって、案外2人きりになれて邪魔入らなそうなとこって」
マジク「あ~風呂場=裸まで考えなかったのかー(改めてラッツベインはこどもなんだなと思いつつ)」
エロ漫画展開でラッツベインがぐいぐい押して
あわやセックスという展開になるけども
名残惜しげにキスの雨を降らせてマジクが
「…10年早い」ってラッツベインを風呂場から追い出す
頑張れぼくの自制心 的な
はやくおおきくなってね!的な 
あ、でもその時ぼくはもう37歳か ふ ふへへ…(遠い目)的な

でもラッツベインは「10年早い(10年後またこい)」を
「おととい来い」の意味に解釈して、
(だって、その日からマジクは一緒にお風呂に入ってくれなくなる そりゃあな)
失恋気分で落ち込みつつ
月日が経ってヴィクトールを好きになりつつ
でもそれは「マジクを好きになってはいけない」という禁止の意識がはたらいて、
マジクと反対の人を好きになろうとしてただけ だったりして

魔術騎士団に入った日に
ラ「私は、最高峰の実力を求められる魔術騎士団に入りました」
ラ「一人前じゃないかもしれないけど、一人立ちできるようになりました」
ラ「あれから、10年、経ちました」
ラ「師匠、やっぱり好きです」
マ「…一緒にお風呂入る?」
ラ「はいっ!」
的な、ね、
少女マンガなのかエロ漫画なのかはっきりしろいって感じの、
やつとか。
-----------

10歳のラッツベインに
ラ「ししょー!良いっていうまで、目を開けちゃだめですよー!」
マ「はーい。毛虫とかヘビじゃないよね?こないだ大変だったんだよ?」
ラ「だいじょーぶです!」
マ「いつもそういうよね」
・・・
マ「ラッツベイン?え?ちょっと…?ぼく椅子に縛られてない?」
ラ「ししょー逃げ足はやいからー」
から、いろいろとされるマジクが
「いや、これはさすがにまずいでしょ、まずいよ。」
「でもししょうのここは(略) ししょー私のこと、嫌いなんですかぁ?」
(あーもーどーでもいいかー)
的なエロ漫画展開

ちなみにマジクは縄抜けぐらいできるので
途中で縄抜けして
「えっ ししょう 動けないふりだったんだ!ずるい!」
「このくらいできるよ。だって君の師匠だよ?」
「はっ!そうかーししょうですもんね!さすがししょう!」
マジクのターン開始っていう。
[PR]
by G-ran | 2015-07-12 12:38 | 雑記


<< こつこつ歩く亀になって  正直... 元気!元気!元気があれば乳首で... >>