あなたの事考えて  眠れなくなる夜さえ 幸せなの

■オーフェン妄想
ブラックタイガーとマイルとか
キー坊とハーティアとか。



「ブラックタイガーケイブを探検だ!」
「何を言っているのだマイル、初めてケイブに来た日
 すでに私のエロ本のありかまで暴いていたではないか。」
「ブラックタイガーケイブを探検だ!」
「何故私のズボンを脱がすのだマイルよ…!」
「ブラックタイガーケイブを探検だ!」
「マイル あっ…❤君に秘密のスポットが見つかるかな?」
っていう
マイルがブラックタイガーのケイブというか
尻の穴をいじる妄想が楽しかったです。


マジクおじさんは10歳のラッツベインにどこまでしていいかなって考えて
指ぐらいなら入れてもいいかな?ってふと思ったんですけど
現実的にはダメだなって思いました。
妄想ならいいか。
「ママは小学4年生」みたいなのりで、
10歳のラッツベインと27歳のマジクのもとに、2人の子供が未来からやってきても可愛いだろうな~
「私を月まで連れてって!」的な(これも年の差17歳だ)のも可愛いなー。

ところでエドさんってロッテーシャにはどこまでしたんだろーなー。
何の躊躇もなく最後まででもそれはそれで違和感ないな。


キー坊とハーティアの妄想を温めすぎて
キー坊が私の頭の中にしかいない存在だという事実に
違和感を感じるとこまできた。え?キー坊って存在しないの?みたいな。
ハーティアを喜ばせようとキー坊が
裸エプロンしてみるんだけど
ハーティアに「うわ 不衛生っていう感想しか わかない」とか言われて
「はぁ?トイレとか行かないし垢も出ない体ですけど!?」
「いやなんか毛が落ちそうとか」
「毛も一本たりとも抜ーけーまーせーんー!頭も眉毛もマツゲも下もね!
 言っとくけどベッドの上のやつ、あれ全部ハーティアのだからね!?」
「えっ うそ そうなの うわ」
「~~~~~もういいっ!ハーティアが喜ぶかなって思ってやったのに!
 なんだよ!ノリ悪っ!僕がバカみたいだ!」エプロンを投げ捨てて全裸で寝室にかけこむキー坊
「え~ちょっと キー坊怒ったの? ごめんってば~
 キー坊が何着てても好きだよ~ もちろん着てなくても~ 愛してるよー」
「ハーティアのバカ!」
「あっそうだー はい キー坊 僕のシャツ」
ばさっ「はじめてうちに来た時みたいだね」
「……
 ハーティア… 僕は…その 今、怒ってるんだよ、機嫌悪いんだ」
「うん ごめんね」ちゅっ
「ハーティアが僕のこともっと好きになればいいのに」
「もうメロメロなんだけどな~」ちゅっ
「ばか…」
「それで?」ちゅっ
「大好き」
はぁはぁ!ハーティアー!
ふふふキー坊はいつも情熱的だねってなって暗転

っていう、
キー坊を一回不機嫌にさせてから可愛がるハーティアと
そうやって機嫌取ればいいと思って…うう…でも結局機嫌なおって
好きすきハーティア大好き ってなるキー坊とか可愛いと思う。

陰毛のこと考えてたら
「でろでろ」の妖怪チン毛小僧の回を
キー坊とハーティアでやったら面白いかなってふと思った。
落ちている縮れ毛の謎を解くために、体毛を剃るハーティアがみたいだけ。
[PR]
by G-ran | 2015-07-21 22:04 | 雑記


<< 紙一重だ 戦争と平和  デッカ... 前向きが鍵ね…? >>