君のおもうままのパペット

■きんきょう
あれ、私冬コミいけないかも?って ふと。
3日目いけないだけか…?
まだ不透明だけどもー。

http://ja.uncyclopedia.info/wiki/自殺
アンサイクロペディアの自殺の項がブラックユーモアでたのしい。
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/エクストリーム・尻たたき
エクストリーム・尻たたきの項は点数表がおもしろい。

■どくしょ
「履き忘れたもう片方の靴」(大石圭)読み始めました。
京極ジャンルにいたときに、好きだった描き手さんが
「読了感は最悪だけども好き」って言ってたのが忘れられなかった。
でも胸糞悪くなる可能性を感じたので、元気なときに読まないといけない本だと思った。
今どきのラノベより読みやすいかもしれない、余白。
とても美しい外見の男性が男とやったり女とやったり調教されたりするんですけど、
行為自体は「エロ漫画あるある」みたいな感じ。
でもそれを、現実世界という設定の彼らがやることに、ものすごくバカらしさとか空虚な感じがする。
言えって言われた罵倒の言葉を言うシーンとか。
自分で勝手に罵倒をしたら相手が泣いちゃったこととか。
セックスのシーンは多いのですが、読者の心を盛り上げようというよりは
かなりドライな書き口に感じ、私は…だんだん…げんなりしてきた…。
もうちんこはいいです…。お腹いっぱいです…。
読んでる私まで、ゲップしたら精液のにおいがあがってきそうだわ…。
若干感情のゆれるセックス、肉体をもてあそぶだけのセックス、虫の話などがサンドイッチされている。
ところどころ萌えどころはある。剃毛してくれていたお友達がムラムラしちゃうのとか。
これどうやって話たたむんだろ。

エロ漫画だの官能小説というくくりだと、こういうのはまぁあるよねっていう行為なのに、
エロ漫画だから、官能小説だから、とおもえばエンターテイメントになり、
その箱を取るとこの胸糞感である。
…だからエロ漫画は不自然なまでに
文法とか様式美が大事なのかもな、リアリティをあえてなくしていくような。

■ツイッター
閲覧だけならRSSの方が見やすいなとも感じる。
でもRSSはアプリを通じた投稿?とか拾ってくれなかったりとかあるのよね。
星のマークをおしてみたかったのが、出来るようになったから、楽しい。
乗り遅れすぎてリプだのファボだの、おばちゃん良く判らないからグーグル先生と愛を深めてる。

■マジク×ハーティア蛇足



結局30代マジクが、ハーティアにたいして
殴り勝とうが、犯そうが、首絞め殺そうが、
「敵わなかった」感は払拭できないんだろうなと思った。爽快な気分は一瞬だけで。
ハーティアが同じ土俵に乗ってこないから。
(妄想を醸造するのが腐女子のお仕事です。)

横道にそれて。
マジクがハーティアを絞め殺そうとするなら
黒い薄手の牛皮手袋がいいな~

ハーティア「材質のチョイスに僕への悪意を感じる!」

全裸に黒手袋のマジクとか えっ そそる…!

どうみても殺す気まんまんマンでうける

ハーティア「マジク、どうして手袋をしてるのかな?
       手汗がひどいとか? ぼくは全然気にしないから脱いだ方が良いと思うよ!
       (嫌な予感しかしない)」
[PR]
by G-ran | 2015-08-27 21:59 | 雑記


<< フラフラ足で挑むんだ クタクタ... キスが上手いのは認めるし 体の... >>