誰も知らない地図を 広げてるよ

■きんきょう
エルフの森でBBQした!いぇーい!
うまー!サムモアうまー!もっとおくれサムモアサムモア^^
ぽんぽんぱんぱんでもう
晩御飯食べられないよぉ~っていってたけど
晩ごはんペロッと食べたわ。
友達の旦那さんみんな面白いいい人で楽しい。

■「位置が弱い」の話
こないだやってた深夜のドラマ?で
各々が別々の疑問点ばかりをはなして議論がすすまないって状況に
「問題を一つずつ考えなさい!」みたいな場面があって
これな~!ってすごくなった。
なんか頭があんまりよくないので、混乱してくると
やることの箇条書きメモ作ったり、
やりたいことのフローチャートを簡単に描いて、
全体がこうなってて、イマココ、っていうのを確認したりする。
問題を一つずつにばらす作業だね、これね。
いつもこんぐらがってるの。
ほんとな…頭の血のめぐりを良くしたいよね…

なんかググったら(http://coconut316.com/content/FAQ.html
幼児教育のページ出てきてさ…複数の指示を与えると混乱する子どもへの指導のポイントとして、
「位置が弱い」って単語すごい使ってんの。
右と左の区別とか、出したものをしまうとかの話で。
え?関係あるかなそれ?ってまず思った。

私ちいさいころ鏡文字よくかいてたわ…
「さ」と「ち」の区別がなかなかつかなかった。(「し」と「つ」も。「い」と「こ」も。「い」と「り」も)
祖母が根気よく右左を幼稚園に行く道すがら教えてくれていた。
方向という目に見えない(相対的な)ものを言葉で指し示すという行為を、理解するのに時間いった。
右手、右耳はずっと一生右手、右耳で、左手や左耳にはならない。
でも右の道は、ちがうときには左の道になる。
時計の短針が読めるようになるのに、とても時間がかかった。
あれ、ぴったり3のとこさしてりゃわかるけど、2と3の間だったりすると、
近い方かな?って2:45を3:45って間違ってた。バカちがうよ。
時計ほんと誰だ頭いいな考えた奴。
長い針が2の所にあったら10分とか発狂しそうなこと教えるなよ。
2ってかいてあるのに2分じゃないのかよ!おい10はどこからきた!ってなるじゃん。
ダブルミーニングよしてほしい。
5の段まだ知らないからね!5の段教わって謎一つ解けたよね!
ていうかまず、一日を24時間として、それを24分割して…というのの意味が分からなかった。
なんで時計だけ60進法なんだよ勘弁しろ。

(現実世界の地図の把握も苦手ではあるけど)
抽象的な考え事の地図を描くのも苦手ってことなのかって思った。
位置関係、階層が違う考え事がごっちゃになったり、
やろうとしていることの、スタート、ゴール、現在地の俯瞰を頭の中で
描くのが苦手なのかなと。
Σ あ、これが「位置が弱い」ってこと?って ややストンした。
この「複数の問題の処理」「情報の整頓」「位置が弱い」から
思考にも3次元的な位置取り(位置把握)みたいなものはあるかもしれない
っていうのにつながって面白かった。
[PR]
by G-ran | 2015-09-05 23:23 | 雑記


<< ただ君とイチャイチャしてたいな 「豊かさが君たちをダメにする」... >>