峠は越えたって終わらない 道は死ぬまで続くよ

んっんっん~…
悩む余地もないとどこかで思いつつ、
一回ちゃんと悩んで腹くくる過程が必要な気もしつつ。
頭がこんぐらぐらぐら。
自分と自分の人生からは絶対に逃げだせないんだよ!楽蘭!
レッツストラッグル!
ストラッグルすることは選ぶ余地がないけど
ストラッグルする方向は選べるので考えなくてはいけない。

友達の、結婚や離婚や家買った話やローン完済した話きいて
烏天狗の話聞いたような気になってしまう私がいるけど、
ファンタジーじゃないのよね、
テングザルよ、実在するのよ!
自分と関係あるかは不明だけどね!

良く判んないけどなんだか友達にあいたくなる。
優しさに甘えたいだけかな。迷っている自分を鏡に映してみたいだけかな。
美人に変身できなくても、乱れた前髪ぐらいは直せるじゃない?ってことかな。
…友達を何だと思っとるんだ。
優しさを乞うな。 とも思うけれども 異なる視点にすとんすることもある。

もっと性格の良い人間になりたかった、
度量の広い人間になるつもりだったと
挫折感すら自分では感じていても
人当たりが良いと評される。
ひどい奴だと言われたらそれはそれで凹むけど、
分不相応と感じる褒め言葉には
素直に喜びたいような、
第一印象詐欺被害者を見るような、
私はそんなに猫を育ててるの?ダイジョウブなの?
空気じゃないのよ猫は大きくなれば重くなるのよ…、やら。


はいはいポエムポエム 楽蘭おつかれ。
風呂入って ゆっくり寝よ。

[PR]
by G-ran | 2015-09-13 22:21 | 雑記


<< とび跳ねてみたいもんだ もっと... この宇宙にあなたは一人しかいない >>