とび跳ねてみたいもんだ もっと この世界を

■どくしょ
「自助論(S・スマイルズ/訳:竹内均)」読み終わった。
私がこの本を読むこと自体がギャグ行為な感もある(笑
古典ともいうべき有名な自己啓発本みたいなやつです。
読み終わって初めて知ったけど、
明治時代に出版された、この本の翻訳が「西国立志編」だそう。
読んだ感想としては、
ちょっと古い・なんだかなぁ・うわすべり…、という印象で
今の私に強く響く感じではなかった。目新しさが薄かった。
過去の偉人のエピソードや名言などをあつめ、
「真面目に正直に情熱をもって生きるといいよね」みたいなかんじ。
偉人伝とか伝記とか好きな人は楽しいのかも?
唯一ちょっと印象に残ったのは
「美徳でさえも習慣に過ぎない」かな。
人間にはいかに習慣が大事か、って話で、良い行動の習慣が美徳を作るって話。
身体にも心にも、くせっていうのはついてくるんだろうね。

エピソードで、
大事な鳥のスケッチを木箱に入れて、友人に預けて
返してもらったら、木箱の中にネズミの夫婦と子ネズミがいて、
大事なスケッチめっちゃ齧られてて、ショック受けたけど
結局猟銃担いでまた森に行ったよね、ってのがあって、
何この完成されたギャグっておもった。4コマまんがみたい。
編み物もね、「ほどいた分だけ上手になる」とかそういう励ましあるよね。



話変わりますが、
ってヤフー知恵袋が元surfaceファンの私に楽しかった^^^^
パソコンの話じゃないからね!(笑
椎名くんがわかい…!永谷さん髪の毛…!
「ヌイテル?」はジャケット写真好きだった。
「ヌイテル?」は発売曜日も悪かったらしい。
オリコンにあわせて発売日設定するのが普通らしいけど、
あれバレンタインに合わせて発売だったらしいから。こだわるほどバレンタイン感ないとも思うけど。

Surfaceって「なにしてんの?」「さあ?」って状態で、もうすぐ「それじゃあバイバイ」になりかけ
って文章が最高にクール!
「眠りたい」「CALLED GAME」「嘘じゃなく愛していた」「ろくでなし」「WAIT!」「そっちじゃない」「冗談じゃないんだよ」
「Re:START」「焔のごとく」「夢の続きへ」「その先にあるもの」「君の声で 君のすべてで…」「ボクハミタサレル」も入れればよかったのに^^

2014年の椎名くん。
ライブ映像だと「歪」があって、演奏カッコいいんだけど、
カッコいいんだけど…わたしは もうちょっと 
音の止めが欲しいというか…締めが甘いというかキレが甘いというか…音がなめってしまってるのが気になってしまったので
(音楽のこと良く判らんけど)
「人生スパイス」のほう ぺとっ!

線も音も、良い 止め跳ね払い が躍動感を生むように思う。音楽的に言うとグルーブ?

[PR]
by G-ran | 2015-09-14 19:59 | 雑記


<< それでも 震えるその両の腕で ... 峠は越えたって終わらない 道は... >>