何が欲しい 何がしたい 何処へ行きたい

悩みの一つは決着つけたけど
楽蘭の懊悩はまだ始まったばかり!次回作にご期待ください。
いうたら人生ずっと懊悩みたいなもんだろうけどな!
「メロンパンより歩いてくるカレーパン」では、
やっぱ齧ってみたらこれではない感
でてくるきがしちゃうな。
メロンパン食べたいならメロンパン買いに行くべきなんだ。

不義理な私に、真面目に、訓戒を垂れて下さる人がいるというのは、
感謝すべき事柄だ。
まぁ意をくむと、
「今踏んばらないと後がないぞ(今踏んばればなんとかなる)」
「そんな生活いますぐやめろ!」
を優しく言われたかんじだけど。
活路、とは。
適当に言ったけど、良く考えれば含蓄のある言葉だな…「活路」…
-------
こないだ見たお芝居が、
犯罪加害者家族、犯罪被害者家族、少年犯罪者の話で
あたま わーっ ってなった。
マジク先生やらベイジットのこともふと思った。
「決壊(平野啓一郎)」のこともふと思った。
アンケートあったけど、
これ見終わって何分とかで噛み砕く奴じゃないじゃん!
あーもー うちこまれちゃったわぁ。
TVでニュース見るたびに頭でうっすら、これ「ふっ」ってするな。

-------
■晏子(宮城谷昌光)
崔杼(さいちょ)ちょう面白い。面白いけど絶対主人公に出来ない奴。ダーティ
こいつやべーな。

とうとう君を懐柔して
裏から義のない争いごとを起こして
自分を追放した二大政治家の政治生命をちょんぎり
(事実無根の捏造クーデターへの粛清でひとりは命もちょん切った)、
有望な人材をその政治家からむしり取って自分の下に置いて
自分はまんまと良い位置にきている。

我慢できなくてウィキちょっとのぞいちゃった!崔杼
  家庭内で前妻の子と後妻の連れ子とが対立し、
  それに慶封が介入して権力を独り占めにしようとしたために一族は全滅し、一人残された崔杼は自殺した。

嫁を寝取られてブチ切れて君を弑したり、こいつやりたい放題だがな
と思っていたら、素晴らしく悲劇的な結末がまってるのね^^わくわく。
これ知らなかったけど結構有名な人だろうな…。悪名の方で。
「夏姫春秋」でも女に心動かされるタイプでない印象だったけど、
嫁に執着をみせたり(愛したり?)するんだな…。


  ――物騒な男だ。
  崔杼から感じられるものは、つねにそれである。では、崔杼はさわがしい男か、といえば、
  けっしてそうではない。むしろ、ものしずかである。挙止は優雅で、野卑や陰険からはほど遠い。
  にもかかわらず、崔杼のまわりの空気は波立っている。
  ――妖剣というやつだ。
  と、晏弱はおもう。剣そのものはほれぼれするように美しいのに、じつは瑰詭がまさっており、
  人や物を吸い寄せて損なおうとする妖気が宿っているといえる。
                             「晏子(上)/宮城谷昌光/p254」 
瑰詭(かいき)=珍しく不思議なさま。また、そのこと。
瑰は「目立って大きい、目立ってすぐれる」の意
詭は「変にとがった、並はずれてきつい」の意がある

[PR]
by G-ran | 2015-09-20 23:42 | 雑記


<< あの雲のように自由に ストロベリメロディー >>