「泥沼でもきれいに咲ける花が あるなら君はどうする」と 真っ白い蓮の花が咲いていた

f0088796_23464752.jpg
トーン貼りに必要なのは妥協を許さない職人魂だな、と思った。
私は20年を越えるライフをライブしてきたのに
トーン削るのがどうしてこんなに下手なんだぁぁぁああ、と思った。
トーンも何度も剥がしたり、削ったりすると、
原稿がベタベタして、トーンカスなどが付くのでよくない。
一発で決めるのが望ましい。
「背景に奥行きつけて」の指定は、私を緊張MAXにする呪文です。
でもたまになら緊張すんの気持ちいい。

今日の「ごきげんよう」というテレビ番組に
松居かずよ(漢字わからない)がでてて
「船越(夫)の帰りが仕事で遅れ、
イライラしたので、彼のオーディオを壊そうとして、
コードをハサミで切ろうとしたら感電した。
コードはショートしたらしく、黒い煙が上がり、ハサミは溶けた」
という旨の話をしていて
恐ろしいな、と思った。
彼女が。


私は、本当にすばらしい人間に出会う運を、神様に貰ったと、事あるごとに思う。
そういったすばらしい人間達が私にくれたものを、どのくらい受け取れているだろう。
浴びるほどたくさん貰っていることは気がついているのだけれど、
私をすり抜けて足元へ落っことしてしまっている気がする。
落っことしてしまったと私は悲しむのだけれど、
気が付くとそこから芽吹いて育った森に囲まれて、
私はその実に生かされている。
[PR]
by G-ran | 2009-02-09 23:46 | 雑記


<< 地獄をみれば 心がかわく 3秒見つめるだけで 魔法にかけようか >>