モウチガウンダ シアワセノナカニイル

魍魎の匣みました!
でそのあと、先輩とカラオケに言って
途中ウテナ祭りをしたりしました。

<感情的な感想>
つつみさん え ろ い …!
声も脛も太もももえろい。

<これから見るヒトに>
怖いの嫌いな人は一人で見に行っちゃ駄目。
けっこうぐろいよ。
原作読んで萌えてる腐女子は見に行くべき。
おいしい京関とおいしい榎関とおいしい榎京と
おいしい木場青と……盛りだくさん!
つつみさん え ろ い …!
阿部ひろし好きな人にもおすすめ。
前半→◎
後半→△  最後に向かう疾走感がややたりない
音楽とセットが良かった。

今日の一言
「楽蘭 は オペラ を 覚えた!」
快適。
いろんな色のメモ帳ってなんていうんだっけー?



何故かクライマックスにギャグがまざっている!
窮地の京極堂が関口に自分の帯をつかむように指示するも
うまくつかめず、京極堂がクルクル回る…。

喋っている関口を黙らせる京極堂萌
京極堂に踏まれる関口萌
どうやら映画設定では榎さんは京極堂の記憶が読めない……!!!!!
それを「できるものなら読んでみろ」と言う京極堂は
エノ京的に大変っ大変っおいしゅうございました。
木場に電話をするエノさん萌
あっちゃんと青木君もよかった!
京極堂の「そこどけぇ…」がよかった。
ハコに惑わされる関口君が出てこなくてちょっと残念だった。
久保、指がある…!
加奈子よかった。神秘的な僕っこだった。
青木かっこいい。存在感ある。
きっぺー関口君は、鬱ではないけれども、胡乱な感じはとても良かった。
でも、魍魎は木場の話なのに、木場の出番がすごく削られてた…。
「木場というハコ」の話は精神的すぎるから削除だったのかなぁ。
「骨休め」の字がいい。
なんのかんのいって
結構楽しみました!
[PR]
by G-ran | 2007-12-26 20:07 | 雑記


<< どうにかなる途中の自分が疎ましい 聡明な生き方を鳥渡真似たいと感じ >>