言論の自由表現の自由 されど不自由

本を読むってぇのは 一体どういうことだい。
文字を読むのならば漢字と平仮名が読めりゃ
読んだということになりましょう。
しかし意味がわかるためにはそれだけじゃあ
たりねぇでしょう。

じゃあ意味がわかるってぇのは どういうことだい。
そもそも世の中の御仁はみんな十割意味がわかって
本を読んでらっしゃるのかい?
そしたらみんな学者にならぁ。教科書みんな読んだだろう。

世の中みんな、意味もろくすっぽわからず本を読んでんのサ。
書かれたことの意味なんて、そんなにわかっちゃァいないに違いない。
書くほうだってそうさ。
書きたいことの意味を十割わかって書いてないだろう。
世の中みんな、意味もろくすっぽわからず本を書いてんのサ。
群盲象をなでるたァこのことだ。

まぁそうは言っても、たとい十割まではわからなくったって、
字が読めりゃ馬鹿でも三割くらいはわかる。
並みの奴なら六から七は考え事のたしになって
暇がつぶれるからみんな本を読むんだろうよ。

今日の一言
「此の身今生に向かってどせずんばさらに
いずれの生に向かって此の身をどせん」
今できないことをどうして明日できようか、ッちゅう意味ですかねぇ。
レポート明日提出なのに今から本読むんです。
明日やったところで単位とはさようなら。さすれば今夜頑張るしかあんめぇよ。
[PR]
by G-ran | 2008-01-17 22:11 | 雑記


<< 目にもの見せて 孤独な人 1/15,16の拍手のお返事 >>