帰れない夏から 泣きたい気持ちが溢れる

うむ。こまった。眠れない。

大事なお出かけがあるので
しっかり眠って早起きをしたいのに!

考えるともなく考えていたら
切なくなってしまった。
京関を。
ほんと柄じゃないんだけど
切ない京関が描きたいです。
しかし柄じゃないので
うまくいかない…!
友達が
告白されそうな時というのはわかるものだ
というようなことを言ったのを覚えています。
そのときを、京関で描きたい。
そのときの眼差しを、逡巡を、期待を、恐れを、鼓動の音を。
もしも、かけたら、本にできればいいのに。

眠れないときは、開き直って何か作業をするのと
眠くなるまで眠る努力をするのと
どちらがいいだろう…。

と、決心がつかぬので
布団に横になりながら、この文章を作っています。

今日の一言
「霊の通り抜ける感覚」
この間友達(翔夜くん)がブログでこの話をしてまして。
なんでも、蜘蛛の巣をかぶったような気がするんだそうで。
私もどこかで聞いた覚えがあります。
まぁ、真偽はさておき。
私も何もないところで、蜘蛛の巣を被ったような気がしたことがあり。
不思議だなぁと。
ところで、うちの天井から蜘蛛が降りてきて
宙吊りになっているのを見つけると
ふーふーせずにはいられません。
[PR]
by G-ran | 2008-02-19 03:19 | 雑記


<< 汗ばむ淋しさを重ね合わせ 迷いのない目に泥酔させて >>